ブログの取り組み方針とポリシーについてはこちらをご覧ください

2020年4月22日

第7回がんサバイバー・スピーキングセミナー延期のお知らせ

第7回がんサバイバー・スピーキングセミナー延期のお知らせ
コロナウィルス感染拡大の影響により全国に緊急事態宣言が発表されました。事務局では5月23日(土)の開催を検討しておりましたが、収束の目処がたたないため、開催日未定の延期とさせていただきます。お申し込みいただいた皆さまにはすでに選考結果とともに4月6日(月)にメールでご連絡しております。
メールが届いていない方は事務局までお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいします。

2020年3月16日

第7回がんサバイバー・スピーキングセミナー募集期間 1週間延長!

募集期間〆切を、3月22日(日)から、3月29日(日)に変更します。
コロナウィルスの影響により、皆様におかれましては開催がどうなるのか、ご不安の方が多いようですが、事務局では、現在も5月23日(土)の開催を目指して、鋭意準備中です。

OCTでは、様々ながん種、年代の方、そしてお住まいの方にご参加いただけるよう選考しております。
また、ケアギバーの方もご参加いただいています。
新しい出会い、新しい未来があなたを待っています!
皆様のご応募をお待ちしております!

なお、募集期間の延長に伴い、選考結果は4月6日(月)に変更します。
選考結果は、応募者全員に、ご登録いただいたメールへお知らせいたします。

2020年2月5日

第7回がんサバイバー・スピーキングセミナー開催場所決定!

第7回がんサバイバー・スピーキングセミナー開催場所決定しました!

【場所】ティーペック株式会社 会議室 東京都台東区上野5-6-10 

2020年2月3日

第7回 がんサバイバー・スピーキング・セミナー開催参加者募集!!締切延長3月29日(日)まで!

昨年にひきつづき、2020年5月23日(土)に第7回目となる「がんサバイバー・スピーキング・セミナー」を開催します。このセミナーでは、キャンサー・サバイバー(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)が自身の声を発信し、人の心・社会を動かす活動を行う際に必要な技術・知識を、講義だけでなく実践を通して学びます。

開催概要

【日時】 2020年5月23日(土) 10:00~17:00 (懇親会17:30~19:30)

【場所】ティーペック株式会社 会議室 東京都台東区上野5-6-10
電車をご利用の方:日比谷線仲御徒町駅・JR山手線御徒町駅 徒歩約4分


※申込締切:3月22日(日)→3月29日(日)まで延長しました。

【定員】 30名(がん種、年齢等のバランスを考慮して選考の上 4月6日(月)に皆様に選考結果をご連絡致します。)

【受講料】 無料
※交通、宿泊については、ご自身で手配ください。懇親会は別途3,000円必要になります。
居住区別で交通費一部助成あり。セミナー当日、下記金額を上限とし、領収書と引き換えにて支給いたします。

プログラム

10:00-10:10 「OCTについて」

Over Cancer Together事務局

10:10-10:30 「アイスブレイキング」

コービン あやこ (フィットネストレーナー)

10:30-10:50 「OCT修了生からの報告・現在の活動」

齋藤 浩哉 OCT6期生/前立腺がん患者会PSA北海道 代表
荒井 里奈 OCT4期生/がんサークルOwl 副代表
吉田 ゆり OCT6期生/一般社団法人がんと働く応援団 代表

10:50-11:10 「医療者から キャンサーサバイバーに期待すること」

山内 英子(聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長)

11:10-11:25 休憩

11:25-11:45 「国の政策を知り、患者が出来るロビー活動」

天野 慎介(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン 理事長)

11:45-12:15 「これからのがん治療の展望」

佐々木 治一郎(北里大学医学部新世紀医療開発センター 教授)

12:15-12:30 休憩

 「グループトーク」

コービン あやこ (フィットネストレーナー)

12:50-13:10  ランチョンセミナー
「がんに対する偏見をなくすためにラベンダーリングの活動」

御園生 泰明(株式会社電通 第21ビジネスプロデュース局 シニアアカウントリード LAVENDER RING 発起人)

13:10-13:25 休憩(10分)

13:25-13:45 「メディアを有効に活用するために」

橋本 佐与子(MBS毎日放送 報道記者)

13:45-14:05 「プレゼンテーションのまとめ方体験を伝えるコツと大切なこと」

久田 邦博(がんピアサポーター、薬剤師/OCT1期生/プレゼンテーションコーチ)

14:05-15:35 「ワークショップ」

各自応募時に提出した課題を肉付けしてグループ内で発表。そのなかでグループの代表を1名選ぶ

15:35-15:45 休憩(10分)

15:45-16:45 「発表&総評」

各グループより1名 + オブザーバー

17:30-19:30 懇親会

※演者プログラム等予告なく変更になる場合があります。

応募資格

*キャンサー・サバイバーの方(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)であれば、どなたでもご応募可能です。

  1. 特定の治療法、代替療法、健康食品等を推奨する団体の運営者または個人でないこと
  2. 特定の政治団体、宗教団体を支持する団体の運営者または個人ではないこと
  3. セミナーへの参加後に、日本のがん医療やがん患者さん・ご家族の支援の質を向上させるための活動をなんらかの形で行っていきたいと思っている方

*なおセミナーの様子はウェブサイトや季刊誌等でお写真を公開いたしますので、ご了承の上、お申し込みください。

応募方法

あなたがご自身の体験から感じた「がんサバイバーシップ」*に関する課題、そして、その課題はどうすれば解決できると思うか、を400字程度のエッセイにしてお送りください。
ご応募は以下のウェブサイトより、必要事項を記入の上、お申込みください。

OCTサバイバー・スピーキングセミナー申し込みフォーム

お問い合わせは 事務局 oct@cancernet.jp までお願いします。

申込締切:3/29(日)

*【がんサバイバーシップとは?】
「がんサバイバーシップ」とは、がんの診断・治療の後に、患者本人や家族、ケアをする人、友人など、広くがんに関係のある人々(=キャンサー・サバイバー[以下、サバイバー])が、がんと共に生き、充実した生活を送ること、であり、具体的には以下のような事柄が含まれます。

治療・健康に関すること、就学就労、経済的問題、ライフコースに関わる問題(恋愛・結婚、妊娠・出産・育児・介護)、生きる意味も含めた実存的問題など、がん診断後の暮らし全般に関することです。


居住区別での交通費一部助成について

・沖縄 45,000円まで
・北海道(北海道全域)
・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
40,000円まで
・東 北(青森、岩手、秋田)
・中四国(岡山、広島、山口、島根、鳥取、愛媛、徳島、高知、香川)
35,000円まで
・近 畿(兵庫、和歌山) 30,000円まで
・東 北(宮城、山形)・近 畿(大阪、京都、奈良、滋賀、三重)
・北陸(富山、石川、福井)
28,000円まで
・東 北(福島)・中部(岐阜、愛知、新潟、長野、静岡) 20,000円まで
・中部(山梨) 10,000円まで
・北関東(茨城、栃木、群馬) 5,000円まで
・首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川) 補助はありません

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン

過去6回のセミナーレポートはこちらからご覧いただけます。

2020年1月10日

第7回がんサバイバー・スピーキングセミナー2月3日より募集開始!

2020年5月23日(土)に第7回目となる「がんサバイバー・スピーキング・セミナー」を開催します。このセミナーでは、キャンサー・サバイバー(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)が自身の声を発信し、人の心・社会を動かす活動を行う際に必要な技術・知識を、講義だけでなく実践を通して学びます。

詳細は、2020年2月3日(金)10:00より順次公開です!

 

2020年1月9日

Japan Cancer Forum2019 でのOCT動画を公開しました

2019年8月17日(土)ジャパンキャンサーフォーラム内、がんサバイバーの声を聴こう!の動画が公開されました。

がん患者とそのご家族、遺族、ケアする人、友人など、広くがんに関係ある人々が、自らの体験を語ることにより、がん患者を含むすべての国民が、がんを知り、がんと向き合い、そして、がんになっても生き生きと生きることが出来る社会作りに貢献したいという思いで語ります。

講演者
OCT6期 川野 高志/OCT6期/瀬尾 雄司/OCT6期 坂口 菜夏
BEC8期 栗原 和江/BEC14期 緒方 佳美/OCT6期 稲葉 晃子
OCT5期 柴田 敦巨/OCT2期 米倉 公子/OCT6期 荒木 弘 OCT6期 大穂 その井

司会者
OCT1期 久田 邦博/OCT2期 砂川 未夏/OCT1期 岸田 徹

2020年1月8日

第6回OCTセミナー報告書を掲載しました

第6回OCTセミナー報告書を掲載いたしました。

ぜひご覧ください。

2019年4月1日

第6回 がんサバイバー・スピーキング・セミナー参加者募集は締切りました

昨年にひきつづき、2019年5月18日(土)に第6回目となる「がんサバイバー・スピーキング・セミナー」を開催します。このセミナーでは、キャンサー・サバイバー(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)が自身の声を発信し、人の心・社会を動かす活動を行う際に必要な技術・知識を、講義だけでなく実践を通して学びます。

選考結果について

ご応募誠にありがとうございました。
この度、定員を超えた応募がありましたので、選考後に応募者にご連絡いたします。

尚、選考結果は、2019年4月12日(金)から順次メールでお知らせいたします。

お問い合わせは 事務局 oct@cancernet.jp までお願いします。

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン

過去5回のセミナーレポートはこちらからご覧いただけます。

2019年2月1日

第6回 がんサバイバー・スピーキング・セミナー開催 参加者募集!!

昨年にひきつづき、2019年5月18日(土)に第6回目となる「がんサバイバー・スピーキング・セミナー」を開催します。このセミナーでは、キャンサー・サバイバー(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)が自身の声を発信し、人の心・社会を動かす活動を行う際に必要な技術・知識を、講義だけでなく実践を通して学びます。

開催概要

【日時】 2019年5月18日(土) 10:00~17:00 (懇親会17:30~19:30)

【場所】ヤフー株式会社 オープンコラボレーションスペース「LODGE(ロッジ)」
〒102-8282東京都千代田区紀尾井町1-3東京ガーデンテラス紀尾井町ヤフー株式会社
電車をご利用の方:東京メトロ永田町駅 9a出口直結|東京メトロ赤坂見附駅より 徒歩1分

※申込締切:3月31日(日)

【定員】 30名(がん種、年齢等のバランスを考慮して選考の上 4月12日(金)までに皆様に選考結果をご連絡致します。)

【受講料】 無料
※交通、宿泊については、ご自身で手配ください。懇親会は別途3,000円必要になります。
居住区別で交通費一部助成あり。セミナー当日、下記金額を上限とし、領収書と引き換えにて支給いたします。

プログラム

10:00-10:10 「OCTについて」

大友 明子(認定NPO法人キャンサーネットジャパン)

10:10-10:30 「アイスブレイキング」

コービンあやこ (パイレーツ オブ 東京湾 パフォーマー)

10:30-11:00 「OCT修了生からの報告・現在の活動」

山本 翔太 (愛知県) 5期
井上 裕香子 (山口県) 5期
谷島 雄一郎 (大阪府) 4期

11:00-11:10 休憩(10分)

11:10-11:30 「これからのがん治療の展望」

佐々木 治一郎(北里大学医学部新世紀医療開発センター 教授)

11:30-11:50 「医療者から キャンサーサバイバーに期待すること」

山内 英子(聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長)

11:50-12:10 「メディアを有効に活用するために」

調整中

12:10-12:30  休憩

12:30-12:50  ランチョンセミナー
「がんに対する偏見をなくすために(仮題)ラベンダーリングの活動」

御園生 泰明(株式会社電通 第21ビジネスプロデュース局 シニアアカウントリード LAVENDER RING 発起人)

12:50-13:00 休憩(10分)

13:00-13:20 「がんとの向き合い方」

垣添 忠生(公益財団法人日本対がん協会 会長)

13:20-13:40 「伝えることと伝わること」

月村 寛之(株式会社電通 CDC チーフプロデューサー LAVENDER RING 主宰)

13:40-14:00 「プレゼンテーションのまとめ方体験を伝えるコツと大切なこと」

大友 明子(認定NPO法人キャンサーネットジャパン)

14:00-15:20 「ワークショップ」

各自応募時に提出した課題を肉付けしてグループ内で発表。そのなかでグループの代表を1名選ぶ

15:20-15:30 休憩(10分)

15:30-15:50 「国の政策を知り、患者が出来るロビー活動」

天野 慎介(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン 理事長)

15:50-16:00  休憩(10分)

16:00-16:50 「発表&総評」

各グループより1名 + オブザーバー

17:30-19:30 懇親会

※演者プログラム等予告なく変更になる場合があります。

応募資格

*キャンサー・サバイバーの方(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)であれば、どなたでもご応募可能です。

  1. 特定の治療法、代替療法、健康食品等を推奨する団体の運営者または個人でないこと
  2. 特定の政治団体、宗教団体を支持する団体の運営者または個人ではないこと
  3. セミナーへの参加後に、日本のがん医療やがん患者さん・ご家族の支援の質を向上させるための活動をなんらかの形で行っていきたいと思っている方

*なおセミナーの様子はウェブサイトや季刊誌等でお写真を公開いたしますので、ご了承の上、お申し込みください。

応募方法

あなたがご自身の体験から感じた「がんサバイバーシップ」*に関する課題、そして、その課題はどうすれば解決できると思うか、を400字程度のエッセイにしてお送りください。
ご応募は以下のウェブサイトより、必要事項を記入の上、お申込みください。

OCTサバイバー・スピーキングセミナー申し込みフォーム

お問い合わせは 事務局 oct@cancernet.jp までお願いします。

申込締切:3/31(日)

*【がんサバイバーシップとは?】
「がんサバイバーシップ」とは、がんの診断・治療の後に、患者本人や家族、ケアをする人、友人など、広くがんに関係のある人々(=キャンサー・サバイバー[以下、サバイバー])が、がんと共に生き、充実した生活を送ること、であり、具体的には以下のような事柄が含まれます。

治療・健康に関すること、就学就労、経済的問題、ライフコースに関わる問題(恋愛・結婚、妊娠・出産・育児・介護)、生きる意味も含めた実存的問題など、がん診断後の暮らし全般に関することです。


居住区別での交通費一部助成について

・沖縄 45,000円まで
・北海道(北海道全域)
・九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
40,000円まで
・東 北(青森、岩手、秋田)
・中四国(岡山、広島、山口、島根、鳥取、愛媛、徳島、高知、香川)
35,000円まで
・近 畿(兵庫、和歌山) 30,000円まで
・東 北(宮城、山形)・近 畿(大阪、京都、奈良、滋賀、三重)
・北陸(富山、石川、福井)
28,000円まで
・東 北(福島)・中部(岐阜、愛知、新潟、長野、静岡) 20,000円まで
・中部(山梨) 10,000円まで
・北関東(茨城、栃木、群馬)  5,000円まで
・首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川) 補助はありません

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン

過去5回のセミナーレポートはこちらからご覧いただけます。

2019年1月15日

Japan Cancer Forum2018 でのOCT動画を公開しました

2018年8月11日(土)ジャパンキャンサーフォーラム内、がんサバイバーの声を聴こう!の動画が公開されました。

『SMashBEC 活動報告』 田辺 絢美さん

『阿波のすだちっこの叫び!!』 竹條うてなさん

『ママのがん治療はアウェイ戦』 古川 愛さん

『男性も乳がんになる ~希少がんの啓発と患者会の在り方~』   野口 晃一郎さん

『頑張って!のその先へ。がん患者と共感するために。』 千祥さん

『がんサバイバースピーカーとして「伝える」から「伝わる」へ』 野城郁郎さん

『就労問題について』 砂川 未夏さん

『私の再就職への道』 菊地 かおりさん

『働くサバイバーが考える仕事との向き合い方』 蒔田 真弓さん

『がん治療と仕事の両立(支援制度充実と待遇改善に向け)』 安宅山 正雄さん

『がんを職場でカミングアウトして、 治療と仕事を両立した 3つのポイント』 金澤 雄太さん

『思いやりのある優しい社会を目指して~理解と配慮を求める勇気~』 山本 翔太さん

 

2018年3月1日

第5回 がんサバイバー・スピーキング・セミナー開催 参加者募集!! ←終了しました。

昨年にひきつづき、2018年5月26日(土)に第5回目となる「がんサバイバー・スピーキング・セミナー」を開催します。このセミナーでは、キャンサー・サバイバー(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)が自身の声を発信し、人の心・社会を動かす活動を行う際に必要な技術・知識を、講義だけでなく実践を通して学びます。

申込締切 4月8日(日)

◆開催概要◆

【日時】2018年5月26日(土) 10:00~19:00 (懇親会(別途有料)含む/多少前後する可能性あり)

【プログラム】  ※演者プログラム等予告なく変更になる場合があります。

10:00-10:10 「OCTについて・本日の流れ」
OCT事務局(認定NPO法人キャンサーネットジャパン)

10:10-10:30 「Icebreaking~自己紹介を兼ねたゲーム」
中村 あや(Pirates of Tokyo Bay)

10:30-10:50 「OCT卒業生の体験談と活動報告」
長谷川 一男氏 (3期生)
前田 留里氏 (3期生)
長谷川 智美氏 (2期生)

11:00-11:10 休憩(10分)

11:10-11:30 「医療者から~キャンサーサバイバーに期待すること~」
山内 英子先生(聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長 乳腺外科部長)

11:30-11:50「メディアの立場から~メディアを有効に活用するために」
橋本 佐与子氏(MBS毎日放送 報道局記者)

11:50-12:20  昼食(30分)

12:20-12:50  ランチョンセミナー「米国のアドボケイト活動に学ぶこと」
アキ よしかわ氏(医療経済学者)

12:50-13:00 休憩(10分)

13:00-13:30 「プレゼンテーションのまとめかた。体験を伝えるコツと大切なこと」
大友 明子(認定NPO法人キャンサーネットジャパン)

13:30-14:30 「ワークショップ」
各自応募時に提出した課題を肉付けしてグループ内で発表。そのなかでグループの代表を1名選ぶ

14:30-14:40 休憩(10分)

14:40-15:00 「患者アドボケイト 活動と活動するうえで大切なこと」
若尾 直子氏(NPO法人がんフォーラム山梨理事長/厚生労働省がん対策推進協議会委員)

15:00-15:20 「医療政策 国の政策を知り、患者が出来るロビー活動」
武末 文男氏(厚生労働省 関東信越厚生局 健康福祉部 医事課長)

15:20-15:30   休憩(10分)

15:30-16:30 「発表&総評」
各グループより1名

17:00-
※セミナー終了後、懇親会

【定員】 30名(がん種、年齢等のバランスを考慮して選考の上 4月20日までに皆様に選考結果をご連絡致します。)
【場所】
ベルサール八重洲 3F ROOM1
〒103-0028東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル2・3F ベルサール八重洲

*キャンサー・サバイバーの方(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)であれば、どなたでもご応募可能です。
【受講料】 無料
※交通、宿泊については、ご自身で手配ください。セミナー当日、下記金額を上限とし、領収書と引き換えにて支給いたします。

北海道(北海道全域) 40,000円まで
東 北(青森、岩手、宮城、秋田、山形) 35,000円まで
首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川) 補助はありません
関 東(茨城、栃木、群馬、福島)  5,000円まで
甲信越(新潟、山梨、長野) 10,000円まで
北陸(富山、石川、福井) 20,000円まで
東 海(静岡、愛知、岐阜、三重) 20,000円まで
近 畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山) 30,000円まで
中四国(岡山、広島、山口、島根、鳥取、愛媛、徳島、高知、香川) 35,000円まで
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島) 45,000円まで

◆応募資格◆

  1. 特定の治療法、代替療法、健康食品等を推奨する団体の運営者または個人でないこと
  2. 特定の政治団体、宗教団体を支持する団体の運営者または個人ではないこと
  3. セミナーへの参加後に、日本のがん医療やがん患者さん・ご家族の支援の質を向上させるための活動をなんらかの形で行っていきたいと思っている方

*なおセミナーの模様等はウェブサイトや季刊誌等で公開いたしますので、ご了承の上、お申し込みください。

◆応募方法◆

あなたがご自身の体験から感じた「がんサバイバーシップ」*に関する課題、そして、その課題はどうすれば解決できると思うか、を400字程度のエッセイにしてお送りください。
プログラムの内容は変更になることがあります。
ご応募は以下のウェブサイトより、必要事項を記入の上、お申込みください。

OCTサバイバー・スピーキングセミナー申し込みフォーム
お問い合わせは 事務局 oct@cancernet.jp までお願いします。

申込締切:4/8(日)

*【がんサバイバーシップとは?】
「がんサバイバーシップ」とは、がんの診断・治療の後に、患者本人や家族、ケアをする人、友人など、広くがんに関係のある人々(=キャンサー・サバイバー[以下、サバイバー])が、がんと共に生き、充実した生活を送ること、であり、具体的には以下のような事柄が含まれます。

治療・健康に関すること、就学就労、経済的問題、ライフコースに関わる問題(恋愛・結婚、妊娠・出産・育児・介護)、生きる意味も含めた実存的問題など、がん診断後の暮らし全般に関することです。

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン

過去4回のセミナーレポートはこちらからご覧いただけます。

2017年11月27日

Japan Cancer Forum 2017のOCT セッションの動画公開しました。

Japan Cancer Forum 2017のOCT セッションの動画公開しました。
セッション1:がんと共に生きるということ
・轟 浩美 
・日暮 由美
・矢島 美和
司会:岩瀬 哲

セッション2:がん患者の仕事との付き合い方
・鳥井 大吾
・野城 郁郎
・和田 瑛
司会:砂川 未夏

セッション3:医療者とのコミュニケーション
・木口 マリ
・杉本 敬子
・長谷川 智美
・アキ よしかわ
司会:大友 明子

2017年10月1日

「Japan Cancer Forum2017」のプログラム 『Over Cancer Together “キャンサーサバイバーズボイス〜がんサバイバーの声を聴こう〜”』で登壇しております。

2017年8月19日の「Japan Cancer Forum2017」のプログラム 『Over Cancer Together “キャンサーサバイバーズボイス〜がんサバイバーの声を聴こう〜”』で、養成講座修了生の木口マリさん、 砂川未夏さん、矢島美和さんが登壇されました。
また、OCT修了生で講師登録をされている、和田瑛さん、轟浩美さんも登壇しております。
また、両修了生の大友明子さんが司会を務めています。
当日の様子は動画でご覧いただけます。

2017年5月15日

Japan Cancer Forum2017「OCTセッション」参加者募集!

Over Cancer Together〜がんを共にのりこえよう〜
キャンサーサバイバーズボイス “がんサバイバーの声を聴こう” 参加者募集のお知らせ

2017年8月19日(土)に開催のCNJ主催 Japan Cancer Forum2017 の、OCTセッション で講演いただけるサバイバーズスピーカーを、下記の要領で募集いたします。
OCTサバイバースピーキングセミナー、もしくは がん体験スピーカー養成講座 の修了生の皆さま、この機会にぜひご応募下さい。なお、フォーラム自体は8月19、20日の2日間、開催いたします。

昨年の様子こちらよりご覧いただけます。

【開催概要】
セッション名: Over Cancer Together〜がんを共にのりこえよう〜「キャンサーサバイバーズボイス“がんサバイバーの声を聴こう”」
開催日時:2017年8月19日(土)11:00-13:30(フォーラム本体は10:00-16:30)
開催会場:コングレスクエア日本橋 東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル2・3階
講演時間:1人あたり5分 + パネルディスカッションの予定
聴衆: サバイバー、家族、遺族、医療従事者、一般の方など100名程度見込み

【募集内容】
募集人数:9名(予定)
応募資格:OCTサバイバースピーキングセミナー または
がん体験者スピーカー養成講座 の修了者

※本プログラムの趣旨から、お名前、お顔を公表できる方に限らせていただきます。
※交通費、宿泊費につきましては、自己負担となりますのでご了承下さい。

【応募方法】
以下の項目を、6月20日(火)17時必着で、oct@cancernet.jp までお送り下さい。

【お送りいただくもの】
400字程度のスピーチサマリー(必ずタイトルをつける)
話したい内容をWord フォーマット400字程度でまとめ、原稿の最初に、①お名前 ②お立場(患者/がん種、遺族、家族など)③年齢 ④メールアドレス ⑤連絡の取りやすい電話番号を記載して下さい。

作成にあたっては以下の点をご注意下さい。
1.テーマの指定はありませんが、必ず1つのテーマに絞って下さい。
2.体験から感じた「課題」と、その課題改善のための「提案」を含めて構成して下さい。
*実際にお話いただくことになった際には、1,000~1,400字のスピーチ原稿を作成していただきます。

結果発表: 選考の上、2017年6月末頃に、応募者全員にメールにて結果をお知らせいたします。

皆さまのご応募をお待ちしております!

2016年11月30日

Japan Cancer Forum でのOCTセッション動画を公開しました

2016年8月に開催されたJapan Cancer Forum でのOCTセッション動画を公開しました。

1日目

セッション1: がんとアピアランス がん治療によって容姿が変わることにどう向き合うか

セッション2: 難治性がんと生きる

セッション3:子を持つ親ががんになったら 〜子どもにどう伝えるか。子どもへの影響を考える。

2日目

「不仲の母を介護し看取って気づいた人生で一番たいせつなこと」
「シングルマザーががんになって」
「若い世代のがんと仕事」
「看護師ががんになって気づいたこと」
「賢い患者になるために」
「がん保険のこと」
「ふくれあがる医療費に対して、当事者である患者が発信できること」
2016年11月16日

【募集終了しました】第4回がんサバイバー・スピーキング・セミナー参加者募集

 ※募集は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

今年3月にひきつづき、2017年3月25日(土)に第4回目となる「OCTサバイバー・スピーキング・セミナー」を開催します。このセミナーでは、キャンサー・サバイバー(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)が自身の声を発信し、人の心・社会を動かす活動を行う際に必要な技術・知識を、講義だけでなく実践を通して学びます。

OCT

◆開催概要◆

【日時】2017年3月25日(土) 10:00~19:00 (懇親会(別途有料)含む/多少前後する可能性あり)

【プログラム】 ※変更する場合があります。

10:00-10:10 「OCTについて・本日の流れ」
OCT事務局(認定NPO法人キャンサーネットジャパン)

10:10-10:30 「Icebreaking~自己紹介を兼ねたゲーム」
中村絢子(Pirates of Tokyo Bay)

10:30-10:50 「OCT卒業生の体験談と活動報告」
岸田徹(1期生)・砂川未夏(2期生)・沖真由香(3期生)・浜田勲(3期生)

10:50-11:10 休憩(20分)

11:10-11:30 「医療者から~医療者としての患者支援の取組み、患者に期待すること~」
山内英子(聖路加国際病院 ブレストセンター長・乳腺外科部長)

11:30-11:50 「がんの政策を知ろう!」
天野慎介(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン 理事長)

11:50-12:40  昼食(50分)

12:40-13:00 「メディアの立場から~メディアの取組みと課題・がん患者に期待すること~」
橋本佐与子(MBS毎日放送 報道局記者)

13:00-13:20 「現役患者リーダーから~患者アドボケートまでの道のりと患者アドケートに期待されること~」
若尾直子(山梨まんまくらぶ代表/厚生労働省がん対策推進協議会委員)

13:20-13:30  休憩(10分)

13:30-14:10 「体験談の組み立て方&ワーク」
認定NPO法人キャンサーネットジャパン

14:10-14:50 「体験談の話し方&ペア/グループワーク」
認定NPO法人キャンサーネットジャパン

14:50-15:05 「患者アドボケートとしてのマナー」
認定NPO法人キャンサーネットジャパン

15:05-15:20 「効果的なソーシャルメディアの使い方」
認定NPO法人キャンサーネットジャパン

15:20-15:30   休憩(10分)

15:30-16:30 「発表&総評」認定NPO法人キャンサーネットジャパン

※セミナー終了後、懇親会

【定員】 30名(がん種、年齢等のバランスを考慮して選考の上、2月上旬までに皆様に選考結果をご連絡致します。)場所:マイステイズ御茶ノ水カンファレンスセンター
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-6

*キャンサー・サバイバーの方(=がん患者、経験者とその家族、遺族、ケアをする人、友人、など、‘広くがんに関係のある方’)であれば、どなたでもご応募可能です。
【受講料】 無料
※交通費、宿泊費については、ご自身で手配ください。後日以下の金額を支給いたします。

北海道(北海道全域) 40,000
東 北(青森、岩手、宮城、秋田、山形) 35,000
関 東(埼玉、千葉、東京、神奈川) 補助はありません
関 東(茨城、栃木、群馬、福島)  5,000
甲信越(新潟、山梨、長野) 10,000
北陸(富山、石川、福井) 20,000
東 海(静岡、愛知、岐阜、三重) 20,000
近 畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山) 30,000
中四国(岡山、広島、山口、島根、鳥取、愛媛、徳島、高知、香川) 35,000
九州・沖縄(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島) 45,000

◆応募資格◆

  1. 特定の治療法、代替療法、健康食品等を推奨する団体の運営者または個人でないこと
  2. 特定の政治団体、宗教団体を支持する団体の運営者または個人ではないこと
  3. セミナーへの参加後に、日本のがん医療やがん患者さん・ご家族の支援の質を向上させるための活動をなんらかの形で行っていきたいと思っている方

*なおセミナーの模様等はウェブサイトや季刊誌等で公開いたしますので、ご了承の上、お申し込みください。

◆応募方法◆

あなたがご自身の体験から感じた「がんサバイバーシップ」*に関する課題、そして、その課題はどうすれば解決できると思うか、を400字程度のエッセイにしてお送りください。
プログラムの内容は変更になることがあります。
ご応募は以下のウェブサイトより、必要事項を記入の上、お申込みください。

OCTサバイバー・スピーキングセミナー申し込みフォーム
お問い合わせは 事務局 oct@cancernet.jp までお願いします。

※延長しました!! 締め切り:1/20(金)必着 

*【がんサバイバーシップとは?】
「がんサバイバーシップ」とは、がんの診断・治療の後に、患者本人や家族、ケアをする人、友人など、広くがんに関係のある人々(=キャンサー・サバイバー[以下、サバイバー])が、がんと共に生き、充実した生活を送ること、であり、具体的には以下のような事柄が含まれます。

治療・健康に関すること、就学就労、経済的問題、ライフコースに関わる問題(恋愛・結婚、妊娠・出産・育児・介護)、生きる意味も含めた実存的問題など、がん診断後の暮らし全般に関することです。

主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン

過去の参加者の声を一部ご紹介します:

人生の中で忘れられない一日となった素晴らしい一日でした。サバイバーである自分に自信を持てるようになりました。セミナー後もたくさんの方と出会い、繋がったことで、世界が広がって、抱えていた重たい気持ちをようやく解放することが出来ました。このセミナーを多くのサバイバーに参加してもらいたいと心から思います。(Mさん・愛知県)

セミナー参加した後、3分スピーチの講演の機会をいただきました。限られた時間で伝えたい事を伝えるテクニック(重要性)を学んだことが役立ちました。また、参加して知り合った仲間との交流が今も続いていて、ご縁に感謝しています。(Uさん・東京都)

全国の方々に出会い自分のがん以外の方とも交流が持てた。自分の活動を応援して頂き、新たにサバイバースピーキングの大切さと、力を実感しました。がんを語るということは、がんと共に生き切る。参加して視野がひろがりました。(Tさん・鹿児島県)

喋ることに障害が残ってしまい、話すことにとても恥ずかしいと感じるようになってしまっていたが、人前で話すことに自信がついた。(Sさん・神奈川県)

患者会等を運営されているサバイバーの皆さんとお会いすることができ、大変刺激になりました。また、セミナーの内容も今後活動していく上で大変参考になりました。(Hさん・沖縄県)

過去3回のセミナーレポートはこちらからご覧いただけます。

2016年11月15日

西尾順子さんが、がん体験者による座談会と相談会でお話をいたしました。

西尾順子さんが、広島県府中市で開催された、nico+plus実行委員会主催、府中市、府中商工会議所後援 女性対象のイベント 『素敵な女性でいたいから~女性健康応援&がん検診啓発』で、がん体験者による座談会と相談会でお話をいたしました。

2016年10月15日

スピーカー養成講座修了生の 大友明子さん、松崎匡さんがモデレーターを務めました。

2016年8月6、7日開催「Japan Cancer Forum2016」のプログラム 『Over Cancer Together “キャンサーサバイバーズボイス〜がんサバイバーの声を聴こう〜”』で、スピーカー養成講座修了生の 大友明子さん、松崎匡さんがモデレーターを務めました。当日の様子は動画でご覧いただけます。

2015年8月8日

松崎 匡さんが、がんと仕事についてのお話をされました。

松崎 匡さんが、AKIBA Cancer Forum 2015 プログラム「がんサバイバーの声を聴こう Over Cancer Together ~がんを共にのりこえよう~」で、”がんになっても働きつづけるために~あわてるな、そんなに急には死にません~” のタイトルで、がんと仕事についてのお話をされました。

2015年6月9日

事務局移行にともなう振込口座、JapanGivingページ変更のお知らせ

先日お知らせした通り事務局が移転しましたが、それにともないご寄付いただく際の振り込み口座、JapanGivingのページも変更になりました。

振込口座
OCTWebsite 参加する ページをご覧ください。

JapanGiving (変更に伴い一旦チャレンジが精算され0になっていますので、ぜひ新しいチャレンジをお願いします!以前のチャレンジもまだこちらでご覧いただけます。チャレンジくださった方、ご寄付いただいた方皆様ありがとうございました。いただいたご寄付はフォーラム開催、セミナー開催に使用させていただきました。

引き続きみなさまのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。